リピトール

高コレステロール値ならリピトールで病気予防

健康診断の血液検査などで血中コレステロール値が高いと診断される人は多いです。

 

 

しかし、コレステロール値が高いからと言って、何か症状が現れるわけではありません。

 

 

そのため安易に考えて何の対処もしない人が少なくありません。

 

 

でも、そのまま放置しておくと動脈硬化の原因となって心疾患や脳血管疾患、他にも狭心症などの大病を患ってしまう可能性が高くなっていくだけです。

 

 

そのため、きちんとコレステロール値を改善させることが大切です。

 

 

その改善方法の一つで効果的なのがリピトールという医薬品です。

 

 

そもそもコレステロールは肝臓で合成されるのです。

 

 

この医薬品はスタチン系の成分が含まれており、それが肝臓で行われているコレステロールの合成を抑制する効果があります。

 

 

動脈硬化の予防から心疾患や脳血管疾患の予防にも繋がります。

 

 

現在の日本では社会保障費の抑制のために予防医学を促進しようと言う動きがあります。

 

 

病気を予防することで病院にかかる頻度が減るため医療費も抑制できるからです。

 

 

その予防医学の一環としてもリピトールは期待されている医薬品なのです。

 

生活改善も非常に重要!

そのリピトールの服用方法については、基本的には毎日服用するのが理想的とされています。

 

 

どの時間帯に服用しても大丈夫ですが、より効果を得たいと考えるのならば、夕食後の服用がベストとされています。

 

 

なぜならば、コレステロールの生成は夜間に行われることが多いからです。

 

 

コレステロールの合成を阻害する医薬品であるため、生成されているときに効果が発揮していることが重要となるわけです。

 

 

またリピトールはあくまで高コレステロール値の改善方法の一つです。

 

 

医師がこの医薬品を処方するときは、必ずと言っていいほど生活改善の指示があります。

 

 

主に食事方法と禁煙が主ですが、それ以外にも運動療法やストレスの緩和などが挙げられます。

 

 

ただ高コレステロール値は生活ではなく遺伝的な要因でなることも知られています。

 

 

それは家族性コレステロール血症と呼ばれる病気です。

 

 

このときは、生活改善はさほど効果がないため、リピトールが最大の高コレステロール値改善の決め手となります。

 

 

この医薬品を上手に活用することができれば、コレステロールが原因となる病気の可能性を大幅に減らすことができ、それはいつまでも健やかに生活していくことができることにもなります。

 

 

健康診断などで高コレステロール値だと診断された人はこの医薬品の服用を考慮することが大切です。

 

コレステロール値が気になる方にリピトール

健康診断で基準となる数値が緩和されると報じられてから、多くの方が気にしているコレステロール値も大幅に緩和されることになりました。

 

 

それだけもし、この緩和される基準も超えることになってしまったら、いよいよ由々しい事態ということになるでしょう。

 

 

コレステロール値が高い状態のまま維持されてしまうことを、高コレステロール血症といいます。

 

 

高コレステロール血症になっていたとしても、多くの方にはほとんど自覚症状はありません。

 

 

自覚症状がなくとも、長い時間をかけて、血管内にコレステロールが溜まることで、動脈硬化を起こし、ひいては狭心症や心筋梗塞を引き起こすことになりかねないのです。

 

 

そうならない前に、まず高コレステロール血症を改善しなければなりません。

 

 

高コレステロール血症の改善には、バランスのとれた食生活、適度な運動など、生活習慣を改善することが必要です。

 

 

ただ、ストレスが多く、余暇が少ない日本では、生活習慣を改善をすることがなかなか難しい場合もあります。

 

 

そのような時は、医薬品に頼ることも必要でしょう。

 

肝臓で作られる悪玉コレステロールを改善

コレステロール値を下げるものとして、知られているのがリピトールです。

 

 

服用することで、血液中のコレステロール値を下げることができ、将来起こるかもしれない狭心症や心筋梗塞を防ぐことができます。

 

 

また、すでに心筋梗塞を起こした方でも、リピトールを服用し、コレステロールの値が低くなると、血管に付着したプラークが破れにくくなり、再び心筋梗塞を起こしにくくする効用もあるため、すでに心筋梗塞を起こした方にも有効に作用してくれるのです。

 

 

コレステロールは肝臓で作られるのですが、リピトールを服用すると、肝臓で悪玉コレステロールが作られにくくなることが知られています。

 

 

悪玉コレステロールが少なくなるとともに、善玉コレステロールは増えることから、コレステロール値をコントロールするために、非常に有効な医薬品とされているのです。

 

 

ただ、すでに重い肝臓病になっている方は、リピトールを服用することはできません。

 

 

また、C型慢性肝炎治療薬を飲まれている方は、禁忌となっています。

 

 

禁忌ではありませんが、高脂血症治療薬や抗真菌薬として抗生物質などを使用している方も注意が必要です。

 

 

効果が高いだけに、副作用も強く出てしまうことは仕方がないことです。

 

 

コレステロール値をコントロールしてくれる夢のような医薬品ですが、服用する場合は、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

高コレステロール血症とリピトール

リピトールとは脂質異常症、家族性高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症など血中のコレステロールが高い人が服用することの多い医薬品の一つに数えられています。

 

 

アトルバスタチンカルシウム水和物という成分が3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリル‐コエンザイムA、略してHMG-CoAという酵素の活性を阻害するのです。

 

 

このHMG-CoAが体内でコレステロールを生成しているため、働きが弱まることで血中のコレステロール値を下げる効果を得ることができます。

 

 

その形状は錠剤・細粒・内服液などがあり、その使用方法はその人の病気の種類・健康状態・体質などによって違うため、診断している医師の指示に従うことが大切です。

 

 

その医師に相談するときは、肝臓障害・アルコール依存症・腎機能の低下・糖尿病・甲状腺機能低下症などの病歴などを尋ねられることがあります。

 

 

それはこれらの病気や症状があるときには、使用を慎重に行わなければならないからです。

 

 

それは体質に合わないケースもありますし、併用を禁止されている医薬品を利用している可能性もあるからです。

 

 

同様に妊婦や近く妊娠を希望する方、出産後に母乳で子供を育てている方は胎児や乳児に影響を与える可能性があるため、処方されることは少ないです。

 

リピトールの副作用

そのため、健康診断などでコレステロール値が高いと診断されて医療機関で再検査されるとき、検査結果の状況によってはリピトールの使用を検討される可能性もあります。

 

 

事前に病歴などについて把握してまとめておいた方が医師に尋ねられたときに素早い対応を取ることができます。

 

 

また、医師から指導されたとおりに服用したとしても、体質によっては副作用がでることも想定されます。

 

 

基本的には発疹や下痢や腹痛や浮腫みといった軽度のものが多いのですが、肝臓や腎臓の機能異常、血小板・白血球の減少、肝炎など本人には自覚することの少ない副作用もあります。

 

 

そのため、服用してから何か違和感を抱くようならば、迷わずに処方してもらった医師に相談することが大切です。

 

 

年々、高齢者の増加や食生活の変化によって、コレステロール値が高い人が増えてきています。

 

 

そのため、今後はさらにリピトールにお世話になる方も増えてくると予測されています。

 

 

それは本人が利用するだけでなく、家族や知人が利用する可能性もあるからです。

 

 

健康のうちから医薬品についての正しく理解を深めておくことは非常に大切となっています。