家族性高コレステロール血症

コレステロールに有効なリピトール

リピトールは高コレステロール血症・高脂血症や家族性高コレステロール血症などに有効な薬です。

 

 

そして、コレステロール合成阻害剤と呼ばれる強力な薬で、肝臓に作用してコレステロールを合成する酵素の働きを抑制するものです。

 

 

もっとくわしく言うと血液の中から肝臓にコレステロールの取り込まれやすくなり、血液の中のコレステロールが減少します。

 

 

服薬の仕方については大人は1日1回、1回2錠、年齢に応じた量を飲みます。

 

 

飲み忘れた場合は早めに1回分を飲みましょう。

 

 

2回分を1度で飲んではいけません。

 

 

そして、誤って多く飲んだ場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

自分の判断で飲む量を減らしたり、飲むのを止めたりしてはいけません。

 

 

その副作用については、敏感な人は口内炎や胃の不快感などが起きることもあります。

 

 

服薬のさいの注意点としては重い肝機能障害がある人、腎の機能に異常が見られる人、高齢者、妊婦中や授乳中の人、以前にリピトールを服薬して敏感に反応してアレルギーの反応があった人はちゃんと医師や薬剤師に相談しましょう。

 

 

なおその保管場所ですが、温度が高くなり過ぎない所、日光が直接あたらない所、湿度が高くない所に保管しましょう。