血液 中性脂肪

リピトールでコレステロールをコントロール

戦後日本では、健康のために肉を食べましょうという運動をしていたことをご存知ですか。

 

 

ところが、今では肉を食べすぎるようになり、今度は野菜を食べましょうという運動をしています。

 

 

肉ばかりを食べていると血中のコレステロールの値が高くなり、血管内でプラークというコブを作るようになってしまうのです。

 

 

このプラークが大きくなり過ぎると血管を詰まらせることもあります。

 

 

血管が詰まると心筋梗塞を引き起こしてしまうため、健康のためには日頃からコレステロールをコントロールする必要があるのです。

 

 

リピトールは、血液中のコレステロールを下げる働きがあります。

 

 

血液中のコレステロールを下げることで、将来起こすかもしれない心筋梗塞などの病気を未然に防ぐことができるのです。

 

 

リピトールは、悪玉コレステロールを減らすとともに、善玉コレステロールを増やしてくれるすぐれた医薬品です。

 

 

高コレステロール血症と診断された方がよく処方せれるお薬で、1日に1回10mgを服用します。

 

 

重症の場合は20mgまで増やすことができますが、副作用が出る恐れもありますから、よく医師と相談の上服用しましょう。

 

 

また、重い肝臓病や妊娠中の方は服用することができません。