高コレステロール血症 薬

色々な効果を持つリピトールの特徴

リピトールはストロングスタチンとも呼ばれるもので、コレステロールを作る酵素の働きを抑えて、血液の中のコレステロール値を下げる薬です。

 

 

LDLコレステロールというものだけでなく中性脂肪にも効果がありますし、善玉のHDLコレステロールというものの値を上げる効果もあります。

 

 

確実な効果があるものです。

 

 

上記のようなリピトールは循環器系の薬で、脂質異常や家族性の高コレステロール血症(高脂血症)を治す薬です。

 

 

その効果は迅速ですし、長い時間に渡って続きます。

 

 

またその主成分はアトルバスタチンカルシウム水和物と呼ばれるものです。

 

 

その主な副作用はげり・腹痛です。

 

 

副作用が表れた場合は遠慮せずに医師に伝えましょう。

 

 

服薬の仕方に関してはまず錠剤タイプだけでなく、粒タイプや液タイプなどがありますが、いずれも1日の服用量や服用時間、服用回数については医師の指示をきちんと守りましょう。

 

 

また遺伝性の筋疾患や高血糖・糖尿病、胆道閉塞や重い血液成分の異常・肝臓障がい・皮膚症状がある人、妊婦や授乳中の人、もしくは妊娠する可能性がある人、アルコール依存症の人や腎臓の検査で異常がみられる人などは、そのことをちゃんと医師に伝えましょう。