高コレステロール血症 治療

高コレステロール血症ならリピトール

中年あたりになってくると、どうしても気になってしまうのが血液中のコレステロールです。

 

 

特に高コレステロール血症は動脈硬化を引き起こし、狭心症や心筋梗塞の原因となるので注意が必要です。

 

 

このようなときに役に立ってくれるのが、リピトールという薬です。

 

 

作用として肝臓でのコレステロールの合成を抑えてくれるので、悪玉コレステロールの減少に加えて善玉コレステロールの増加も期待できます。

 

 

血液中のコレステロールが低下すれば、動脈硬化を防ぐことにつながり、それが狭心症や心筋梗塞のリスクを下げてくれます。

 

 

また、リピトールには血液中の中性脂肪も低下させる作用もあり、血液状態が気になる方にとっては大変都合の良い薬です。

 

 

使用上の注意点をあげるならば、筋肉障害や肝機能障害がある方、腎機能の悪い方には副作用が出ることもあります。

 

 

そういった健康状態が少しでも気になる方は、出来る限り医師の指示に従って服用するかどうか判断してください。

 

 

検査や体調にまったく問題がないのであれば、使用に関してそれほど気にすることはないと思います。

 

 

できることなら食事療法で血中コレステロールの問題は解決したいところですが、奥の手としてリピトールを考えてみるのもいいと思います。