高ldlコレステロール血症

リピトールという薬の効能

リピトールという薬の効能は、コレステロールを抑えることです。

 

 

正確には、コレステロールを作る酵素の働きを抑えることで血中のコレステロールを強力に低下させるのです。

 

 

高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の人に使用する薬で、その症状や年齢などにより服用量が変わります。

 

 

高コレステロール血症とは、血中の脂質が多すぎる病気のことで脂質が増えていくことによって知らないうちに血管の内側が傷つくことによって動脈硬化などの原因になります。

 

 

また、高コレステロール血症は食生活や食事に大きな原因があるとされ動物性脂肪の多く入っている高カロリーの食事を続けることによって血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増えることによります。

 

 

リピトールには、服用してはいけない人がいたり副作用もあるので服用する際には専門の医師による診断を受けてください。

 

 

特に肝臓に疾患を持っている人や、妊娠中の人などが服用してしまうと副作用が出る可能性が高まります。

 

 

また、飲み合わせなどによって副作用が出たり薬の効能が効きすぎてしまったりもするので持病やアレルギーを持っている人は事前に医師に申し出て薬の服用に際する注意点をきちんと聞きましょう。