薬 リピトール

コレステロールを低下させるリピトール

リピトールは、高コレステロール血症の方の治療に使われる医薬品であり、血液中のコレステロール値を低下させる効果があります。

 

 

高コレステロール血症は、血液の中のコレステロール値が高くなっている状態ですから、コレステロール値を下げることによって動脈硬化や狭心症など予防にもつながります。

 

 

また動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞を引きおこすこともありますので、できるだけ早くからコレステロール値を低下させるため、服薬での治療をおすすめします。

 

 

肝臓でのコレステロールの生成を抑え、同時に血液中の中性脂肪を減らす効果もあると報告されています。

 

 

リピトールの副作用としては、腹痛、吐き気、肝機能値の異常がみられることがあります。

 

 

発症するのが稀ではありますが、重い副作用としては横紋筋融解症や肝障害、間質性肺炎、息苦しさなどを感じることがありますから、もしこのような症状が出たらかかりつけの医師に診察してもらうようにしましょう。

 

 

重い肝臓病を患っている方や妊娠中の方は服用しないように注意する必要があります。

 

 

また、大量のアルコール摂取は禁物です。

 

 

横紋筋融解症や肝臓に対する副作用が起こる可能性が高くなるので、アルコール量は控えると良いです。