高コレステロール血症 治療薬

リピトールは素晴らしい効果があります

リピトールは、血液中のコレステロールを減らしてくれるお薬です。

 

 

アトルバスタチンカルシウムとも呼ばれています。

 

 

血液中のコレステロールが、多くなった状態を高コレステロール結症といわれていて、自覚症状がないのに動脈硬化が長い間進んでいて、狭心症や心筋梗塞になるんです。

 

 

心筋梗塞を起こさないために、この薬を飲んで血液中のコレステロールを低下させます。

 

 

プラークというコブが、破れ血管が詰まり心筋梗塞になります。

 

 

コレステロールを下げることで、プラークが丈夫になり、心筋梗塞の予防にもなってます。

 

 

既に心筋梗塞になった人には、再発防止の予防にもなります。

 

 

服用の注意としては、別の薬を飲んでる人や持病、アレルギーのある人は必ず医師に伝えましょう。

 

 

他の病院に別の病気でかよってる人も、必ず医師にこの薬を使っている事を報告してください。

 

 

この薬に適さない人もいて、重い肝臓病や妊娠中の方は使用を控えてください。

 

 

体質や症状により、服用する量が変わりますので、指示された量を守ってお飲みください。

 

 

夕食後の服用が最も効果が得られますが、薬を飲んでも不摂生しては全く意味がありません。

 

 

体重の維持や適度な運動、それと禁煙もすることが大切なことなんです。