アトルバスタチン錠

リピトール錠(アトルバスタチン錠)はコレステロール値の改善に役立つ薬です

健康診断を受けたときに、改善が必要な数値があればそれを指摘されますが、コレステロール値も改善するよう指導されることが多いものです。

 

 

コレステロールは人間にとってはなくてはならない大事な成分ですが、あまりに過剰にあると、動脈硬化のリスクを高めることとなりますので、やはり基準値以内に収めておきたいものです。

 

 

食事や運動で改善できる場合もありますが、それでも数値を下げるのを難しいという場合は薬で改善していく場合もあります。

 

 

そしてコレステロールの改善に役立つという薬は様々な種類がありますがリピトール錠(アトルバスタチン錠)もコレステロール値を下げる効果が高い薬となっており、スタチン系のコレステロール値低下薬です。

 

 

コレステロールは肝臓で作られますが、スタチン系の薬はコレステロールの合成に必要となる酵素の作用を阻害することで、コレステロールを作る量を減らす効果が期待できます。

 

 

さらにリピトール錠(アトルバスタチン錠)はコレステロールを下げるだけではなく、中性脂肪を低下させるのにも役立つ薬で悪玉コレステロールのLDLコレステロールを低下させ、善玉コレステロールであるHDLを上昇させる効果も期待できる薬です。

 

 

グレープフルーツジュースを飲むと薬の作用が強くなることがあるので、一緒に飲むのは避けるよう注意する必要があります。