リピトール 薬価

高コレステロール対策にリピトール

栄養価の高い食事が簡単にとれる現代人は、栄養の過剰摂取に陥りがちです。

 

 

栄養を過剰に取りすぎると結果的に肥満になります。

 

 

そんな肥満に悩む方にとって、血中のコレステロール値は気になる所でしょう。

 

 

元々コレステロールは人体が機能する上で非常に大切な栄養成分です。

 

 

体内では肝臓からコレステロールが生産されます。

 

 

健康な状態の体なら、コレステロールを含む食事を多く摂ると、体内でのコレステロールの合成を抑えて血中濃度が上がらない様に調節機能が働きます。

 

 

しかし、あまりにも過剰にコレステロールを摂取していると、血中濃度が増え過ぎ、コレステロールが血管に沈着して血液の通り道を塞いでしまい、動脈硬化などの病気の原因となります。

 

 

さて、この様に体内のコレステロールが増え過ぎた時に有効な医薬品がリピトールです。

 

 

この医薬品は、肝臓に置けるコレステロールの生成を抑制して血中濃度を下げてくれます。

 

 

リピトールは主成分アトルバスタチンカルシウム水和物が5mgと10mgのものが一般的で、通常は1日に10mg分を服用しますが、重症と診断された場合には最大で40mgを一日に摂取する事になります。

 

 

こうした医薬品の力は素晴らしい者ですが、薬の効能だけでなく普段の食生活や生活習慣を見直す事が、高コレステロール対策には重要です。