リピトール錠

コレステロール値を低下させるリピトールを服用して、生活習慣病を予防!

高脂肪、高カロリーな食事を摂取することが、現代人には多くなっています。

 

 

血液中のコレステロール値が高い状態を高脂血症と呼んでいます。

 

 

女性の場合は、更年期に入った頃から血液中のコレステロール値が高くなるので、定期的に血液検査を受けるようにしましょう。

 

 

両親や兄弟姉妹に、高脂血症の方がおられると体質が似ていることが多いので、食生活や生活習慣を見直す必要があります。

 

 

コレステロール値が高い状態が続くと、動脈硬化や心臓病などの生活習慣病の原因になってしまうので、医師に薬を処方される場合があります。

 

 

リピトールは、血液中のコレステロールを上昇させる酵素に働くため、強力にコレステロール値を下げる働きのある医薬品です。

 

 

比較的、効果が長く持続する傾向があり、病院では主に錠剤タイプが処方されます。

 

 

一日に一錠から2錠程度服用しますが、決められた分量や服用時間などをきちんと守ることが大切です。

 

 

肝機能障害や腎機能障害、甲状線の病気、妊娠中や授乳中の方は服用できない場合もあります。

 

 

コレステロール値を下げるために、努力をしている方が多いですが、なかなか改善しない場合は、リピトールなどの優れた医薬品を続けることも大切です。