高コレステロール血症

コレステロール値が高いと病気を引き起こす原因に・・リピトールの服用で防ぐ!

コレステロール値が高いと狭心症や心筋梗塞などの恐ろしい病気の原因になってしまいます。

 

 

そんなコレステロールを減らす薬がリピトールです。

 

 

血液中のコレステロールが多い状態のことを、高コレステロール血症と呼びます。

 

 

しかし自覚症状がない場合もあるので、しっかりと検査する必要があるでしょう。

 

 

自覚症状がないからとほっておくと、動脈硬化が進んでしまいます。

 

 

リピトールはコレステロールを減らして、将来起こるかもしれない病気を未然に防ぐのです。

 

 

心筋梗塞の多くのきっかけが、血管のつまりや破れで起きます。

 

 

それを薬で良い状態の血管をキープすることが可能になります。

 

 

すでに心筋梗塞を起こしたことがある方でも、再発防止として服用することが出来るのです。

 

 

リピトールは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあります。

 

 

特におすすめなのが高血圧や糖尿病などで、心筋梗塞を発症する可能性が高いと言われている方です。

 

 

薬を服用することで病気を未然に防げるのは嬉しいですよね。

 

 

しかし誰でも服用できるわけではありません。

 

 

重い肝臓病の人はこちらを飲むことが出来ません。

 

 

飲むことにより病状が悪化してしまったり、通常より副作用が起きやすくなってしまうからです。